NOTE

ノート

2021/05/07

はじめまして、新入社員の齋田です。

齋田隼哉

齋田隼哉

はじめまして、この度新入社員として新卒でグリーディジムに入社しました、齋田です。

今年の3月まで、多摩美術大学にてグラフィックデザインを学び、
主にポスターや本といった紙媒体のデザインを中心に制作していました。
特にタイポグラフィは大好きで、作字したり、ロゴタイプの制作など、積極的に創作活動をしてきました。

そして、22年間生まれ育った東京を離れ、大阪でデザイナーデビューと一人暮らしデビューをしました。
社会人として、右も左もわからない自分です。
様々な方にお世話になることと思いますが、大学で学んだこと、文字への情熱をグッとササルクリエイティブに活かしていきます!

そんな自分ですが、せっかく大阪に来たのなら、仕事だけでなくその土地のものもたくさん楽しみたいと考えています。
何より楽しみなのはやっぱりご飯です!大阪は美味しくて安いお店がたくさんあると聞き、ずっと楽しみにしてきました。

さっそくこちらに来てからお好み焼きやたこ焼きを食べましたが、すごく美味しくてびっくりです…!
もし、おすすめのお店があればぜひ教えていただきたいです、よろしくお願いします。

その他にも通勤用にクロスバイクを手に入れたので、隣の奈良や京都、兵庫などにも足を運んで自然や建築物を楽しんで行こうと考えています。
こちらもおすすめの場所募集中ですので、よろしくお願いします!

そんなこんなで仕事も遊びも全力で行きたいと考えています、何卒お見知り置きをよろしくお願いします!

 

 

この記事の執筆者について

齋田隼哉

齋田隼哉

デザイナー 1998年東京の片田舎、福生市生まれ。多摩美術大学に入学し、文字を活かした自分なりのグラフィックデザインを探求した。就職ではコロナ禍が重なったこともあり、デザインを仕事にする上での未来や意義を考える中で、より身近なデザインに取り組みたいこと、東京以外でのデザインの世界を知りたく、新卒でグリーディジムへ入社。制作ではパッと見の良さと、細かい見応えを大切にしたワクワクできるデザインを心がけている。 3度の飯より飯が好きで、大阪には実はグルメ探索で来た説もある。またサブカルチャー全般も嗜む。紅茶党。