NOTE

ノート

2021/06/01

続・新卒採用の思い

井上大輔

井上大輔

昨年、新卒採用の思いという記事を公開し、同時に2021年新卒採用の応募を開始しました。
今年の4月1日、2名の優秀な若者を迎え入れることができ、私達も心機一転、フレッシュな気持ちで日々を過ごしています。
新しい仲間の紹介はココココをご覧ください。

しかし、世の中の状況はそこまで好転せず、選考期間中の2020年だけでなく、2021年に入っても緊急事態宣言等による行動制限によって、大切な時間が奪われてしまっているなとつくづく思います。我々の(おっさんの)1年と若者の1年は比べ物にならないぐらい密度が違います。
そんな中でも、彼ら彼女らは様々な工夫をし今を生き抜いているのです。
もちろん、若者に限らずそれは同じで、みなが一生懸命生きているのが今の世の中です。

そんな中、SNSやニュースを見ていると多くの否定が目立ちます。
やり場のないストレスを誰かに向けたくなるのはわかりますが、物事を否定し続けていても何も生まれません。
ずっと何かを否定している人はこの先もずっと何かを否定していく人生になり、心が豊かにならないと思います。
こういう時こそポジティブに生き抜きたいと私は思っています。
そして、日常的にふと元気を貰える瞬間って何だろうと考えると、工夫の凝らしたクリエイティブとの出会いや新しいテクノロジーの話であることが多いです。

我々もクリエイティブに従事する身として、人に元気を与えられるような工夫を凝らしたクリエイティブにチャレンジしていきたいと思っています。2021年新卒採用の選考過程では様々な学生さんとお話し、我々にはない視点や発想に触れることができました。色々なチャレンジをしていくためには、そんな若いチカラが必要です。
2022年についても新卒(既卒)採用を開始しましたので、ご興味がある方、ぜひ下の採用コンテンツをご覧ください。

今から来年の春が楽しみです!!

代表取締役 井上大輔

この記事の執筆者について

井上大輔

井上大輔

代表取締役 / プロデューサー 兵庫県姫路市出身。毎年10月は地元の祭りを最優先させる程の祭り好き。秋になると地元の播州弁が滲み出るので言葉が汚くなるが決して怒っている訳ではないし悪気もない。そんな地元の祭りを取り仕切る組織が理想的な組織であると感じ同様のスタイルを経営に取り組もうと考え中。回りくどいのが面倒なので、ズバズバと言いたいことを言いながら経営とプロデュース業を楽しんでいる。が、実は結構な小心者なので直感野郎と思わせておいて裏で結構熟考している。