NOTE

ノート

2021/06/24

新型コロナウイルス ワクチン接種特別休暇制度

井上大輔

井上大輔

こんにちは。
新型コロナウイルスのワクチン接種券もそろそろみなさんの手元に届いている
ことと思います。大規模接種センターについても接種対象を拡大し急ピッチでワクチン接種が進んでいる印象です。

当社としては、スタッフの健康を第一と考え、ワクチン接種を希望するスタッフが接種しやすい環境を作りたいと考え、この度「新型コロナウイルス ワクチン接種特別休暇制度」を作りました。
ワクチン接種回数分(2回)の休暇を新たに作ることで、接種日もしくは接種翌日の体調管理日に休暇を取れる制度です。
また、接種会場までの移動交通費についても同居家族分含め全額会社負担とすることを決定しました。

スタッフ、またそのご家族まで含め、皆が健康で元気に過ごせるよう会社としてもできる限りのサポートをしたいと考えております。

さて、私の手元にも自治体より接種券が届き、自衛隊が運営している大規模接種センターの予約が取れ、6月23日、早速ですが行ってまいりました。
大規模な接種センターでしたが、効率よく会場運営されており待ち時間もなくすぐに接種を完了することができました。
また、自衛隊の方々の丁寧な対応に驚かされました。会場から出る際、隊員の方が一人ひとりに「ありがとうございました」と大きな声で声がけされていたのですが、いやいや「こちらこそありがとうございますです」という感じで、感謝の気持ちを私なりに伝えておきました。

来月から東京オリンピックも始まる予定だと思いますが、ワクチン接種を希望している方の集団免疫の獲得で、はやくこの問題が落ち着くことを願っております。

代表取締役 井上大輔

この記事の執筆者について

井上大輔

井上大輔

代表取締役 / プロデューサー 兵庫県姫路市出身。毎年10月は地元の祭りを最優先させる程の祭り好き。秋になると地元の播州弁が滲み出るので言葉が汚くなるが決して怒っている訳ではないし悪気もない。そんな地元の祭りを取り仕切る組織が理想的な組織であると感じ同様のスタイルを経営に取り組もうと考え中。回りくどいのが面倒なので、ズバズバと言いたいことを言いながら経営とプロデュース業を楽しんでいる。が、実は結構な小心者なので直感野郎と思わせておいて裏で結構熟考している。