NOTE

ノート

2021/08/27

職場で絵しりとりやってみた!

三小田ひかり

三小田ひかり

お久しぶりです。デザイナー兼イラストレーターの三小田です。
コロナ禍なってから、早2年目。テレワークなど新しい生活様式に合わせた働き方が定着しつつありますね。

当社も昨年より導入したテレワーク&今年から導入されましたフレックス制度で、
スタッフ個人個人のワークバランスに合わせることができ、とても働きやすくなったと感じております。

しかし、当たり前ではありますが、スタッフ間のコミュニケーションがコロナ前に比べ、少なくなったのかなと。
同じ案件に関わっていない人とは、3日くらい会話していないこともあったり…?ほんの少しだけ寂しいな〜と思う日々。

何か気軽にコミュニケーションを取れる方法はないかと考えた末、皆んなある程度は絵が描けるよな〜と、、、、
せっかくだしデザイン会社らしいコミュニケーションをとろうと「絵しりとり」を始めてみました!(勝手にホワイトボード1枚を独占)
今回は、そんな当社のコミュニケーションの取り方や社内の雰囲気を「絵しりとり」と合わせてお伝えできたらなと思います!

とりあえず、ベタですが「りんご」からスタート!(イラストレーターを名乗っているとは思えぬりんごの絵…)
それから数日後、ホワイトボードを見てみると絵が8つ続いていました。(しめしめ…!)

コミュニケーションをカタチにする会社、やはり皆んな絵が伝わりやすいな〜と感心していた矢先、順番にイラストを確認していくと…
「りんご」→「ゴリラ」→「ラッパ」→「パイナップル」→「ルフィー」→「イラストレーター」→「たぬき」…

むむむっ!?なんだこいつは…!?(絵はうまいが)

何かのキャラクター…芋虫のような鳥のような…
その前の絵がおそらく「たぬき」、次の絵は「でんきゅう」?で良いのか…?

予想:「たぬき」→「き〇〇〇で?」→「でんきゅう?」

一体誰がこれ描いたのか…!誰もこのあとつなげていないし…
しばし悩むも思いつかず…一か八かで、ストレートに「でんきゅう」だと予想し、「うなぎ」を描く私…

後日、ホワイトボード前から「ここつながってなくない?」と井上社長西井ディレクターの声が…
駆け寄り、謎のキャラクターを描いた犯人は社長らしく、「キメラ」(ドラクエのモンスターキャラ)だったとのこと!

また、その後の絵は「でんきゅう」ではなく、「ランプ」だったとのこと!(これは西井ディレクター作)
あ〜なるほど!冷静になれば理解できた!キャラクター名に引っ張られすぎました…
まぁ…こういった間違いハプニングや辻褄合わせも、絵しりとりの醍醐味のウチですかね!笑汗

正解:「たぬき」→「キメラ」→「ランプ」

「すいません〜間違ちゃいました!」と呑気な私をよそに、
どうにか辻褄を合わせようと本気で考え込む西井ディレクターと「どうやって繋がるん!」とワクテカ楽しそうな社長。

そして、間違ったまま続行するか描き直すか、ああだこうだ言い合い、本気で考え込んでいた西井ディレクターがニヤリと
「つながった…!」

修正:「キメラ」→ 「ライト」→「どじょう」

「ランプ」を「ライト」にし、「うなぎ」を「どじょう」に…
「ト」と「ど」をつなげる荒技っ!荒技すぎる西井ディレクター!

やり始めは「少し幼稚かな〜皆んな付き合ってくれるかな〜」と不安視していた部分もあるのですが、プリンターの印刷待ち、飲み物を取りに立ち寄った際に「〇〇さんどれ描いたんですか〜」なんて会話のネタになっていたり、一緒に答え合わせをしていたりと、絵しりとりキッカケで雑談することが増えた気がします。

予想よりも色んなスタッフ(社長まで)が参加してくれ、現在でも活発(荒技を駆使しつつなんとか繋げつつ)に絵しりとりが続いて、ホワイトボード2枚目に突入しています笑

コロナ禍でコミュニケーションがとりにくい状況下でも、このような感じで年齢役職関係なくキャイキャイとグリーディジム楽しく過ごしております!
せっかくですので、絵しりとり完結まで随時NOTEでご紹介していき、当社のフラットな雰囲気をお届けしていけたらと思います!

次回記事もお付き合いいただけましたら幸いです!

この記事の執筆者について

三小田ひかり

三小田ひかり

デザイナー / イラストレーター 大阪生まれ大阪育ち。2017年にグリーディジム入社。幼少期からよく絵を描いており、高校、大学と美術系に進み、イラストレーションを専攻する。担当する制作物は、イラストレーションを活かしたものが多く、遊び心あふれたデザインを常に心がけている。どんな案件にも対応できる柔軟なデザイン力と、イラスト技術のスキルアップに日々奮闘中。好物は辛すぎないカレー。カレー好きが祟ったためか、社会人になってから7kg太ってしまったことが最近の悩み。