NOTE

ノート

2021/12/08

グリーディジムのノベルティを作りました!

齋田隼哉

齋田隼哉

こんにちは、新人デザイナーの齋田です。

当社では4ヶ月ごとにランダムに選ばれた4人程度のメンバーでチームを組み、普段の業務とは別に自分たちがやってみたいことや作ってみたいものにチャレンジする「チーム活動」という制度があります。
今回はそんなチーム活動でどんなものを作っていったのかを紹介したいと思います。

今回のメンバーは江戸佐伯齋田4人に決まりました。
様々な個性の揃ったチームなので、それぞれの意見や考えを混ぜ合わせていいものを作りたいという思いから、チーム名は「ねるねチーム」になりました!

メンバーもチーム名も決まったところで、次に何を作ろうかを話し合います。
今までの活動では動画やコンペへの応募が行われていたので、少し違う方向性でより多くの人にグリーディジムを知ってもらいたいと考え、その中でノベルティを作ってみたらという案が出ました。
ノベルティなら気軽に配れるし、デザインもこだわればちゃっかり宣伝もできるのかも、ということで今回は会社のグッズ作りに決定です。

どんなグッズにするかいろいろと候補が出る中で、使う機会も多く、デスクの上に置いておくことでグリーディジムをより身近に感じてもらえるものにできたらと考え、マスキングテープを作ることに決めました。

次はデザインです。今回はパッケージにもチャレンジするので、パッケージとあわせた見せ方も大事です。
印刷会社に紙のサンプルをもらったり、実際に組み立ててみて、どんな雰囲気になるかを見ていきました。
最終的には会社のイメージを率直に伝えるためにカラーリングは緑と黒を基調とし、マスキングテープの柄にはメンバーのキャラクターを使うなど、グリーディジムってどんな会社なのかを伝えたり、今まで関わりの無かったスタッフを知ってもらうきっかけになるようなデザインにしました。

あとは組み立てです!
気合を入れてたくさん頼んでしまったので、せっせと内職です。

そんなこんなで、グリーディジムの公式マスキングテープができました。
普通のマスキングテープとして使えるのはもちろん、メンバーも載っているので、ぜひ知り合いや担当者を見つけてみてください!
他にも例えばこんなふうにノートを楽しく見せてみたり。

たくさん作りましたので、たくさん配っています!お近くのグリーディジムメンバーに声をかけていただければお配りします。
声がかからなくてもお配りします笑
今後も第2弾、3弾とノベルティ企画は続いていくかもしれないので、お楽しみに!

この記事の執筆者について

齋田隼哉

齋田隼哉

デザイナー 1998年東京の片田舎、福生市生まれ。多摩美術大学に入学し、文字を活かした自分なりのグラフィックデザインを探求した。就職ではコロナ禍が重なったこともあり、デザインを仕事にする上での未来や意義を考える中で、より身近なデザインに取り組みたいこと、東京以外でのデザインの世界を知りたく、新卒でグリーディジムへ入社。制作ではパッと見の良さと、細かい見応えを大切にしたワクワクできるデザインを心がけている。 3度の飯より飯が好きで、大阪には実はグルメ探索で来た説もある。またサブカルチャー全般も嗜む。紅茶党。